ドックケアアドバイザーという認定資格。どんな資格なのかご説明させていただきますね。

犬に対する知識を正しく持ち、愛犬の症状に悩む飼い主さんに寄り添いサポートしていくための資格です。

昨今、ネットでたくさんの情報が得られますが、どの情報を信じるかは飼い主さん次第。ネットでは無資格の人でも情報提供できます。情報を得ようとする人が見極めていかなくてはなりません。

そんな時に、飼い主の悩み相談とサポートをする専門家として、獣医とは別に一定の知識を持つ専門家がいたら、みなさんが安心して相談できるのではないか、という基準の資格。それが「ドックケアアドバイザー」です。

ドックケアアドバイザーは、対処法や普段のケアの方法をなど、「愛犬のために何かできることはないか」という飼い主さんの気持ちに寄り添い、サポートしていきます。

公式ラインからご相談いただく方法をとっております。なぜ公式ラインなのかというと、現在一番スムーズにコンタクトが取れる方法だと考えているからです。また、匿名性が高いのもご利用のハードルを下げてくれますし、それは、一人ぼっちで悩む負のループを作らずに済むのではないか、との思いもあります。

公式ラインはご登録いただいても、どなたが登録されているかはわかりません。こちらからは一方的な配信しかできず、コメントやスタンプを送っていただいて初めて、登録して下さった方と個別チャットができるようになります。

それもラインに登録されているアカウント名がわかるだけなので、LINEに本名で登録されていない限りはご本人特定などできませんので、匿名でのご相談という形でご利用が可能となっております。

もちろん、第三者への個人情報漏洩などないように徹底しておりますので、お一人で悩まず、ご愛犬のことで心配なことがありましたら、ぜひお気軽にご活用ください。

ご利用者様へのメリットは以上の通りとなっております。飼い主さんに笑顔がなくなってしまうと、ご愛犬にも影響してきます。それが負のループです。これをなくしたい。犬には幸せに生きる権利があります。そのために、ドックケアアドバイザーは飼い主さんに寄り添いサポートをさせていただきます。

 

また、一緒に活動してくださるドックケアアドバイザーの育成もしております。

まずは犬についての正しい知識を得ていただくため、認定講座を10項目全てご受講していただきます。その上で、一般の飼い主さんに寄り添いサポートしていけるかどうかの認定試験を受験していただきます。 試験に合格すると、ご自身のご職業に活かしていただきつつ、協会への登録を持って、無料相談とサポートという活動を行なっていただきたいと思います。

全ては、日本で暮らす犬のため。ペット後進国である日本で暮らす犬たちは、世界と比べても過酷な環境に置かれていることをご存知でしょうか。この環境を改善できるのは、愛犬家である皆様にほかありません。是非とも一緒に活動していただけることを願っております。