「協会について」の中で載せてありますが、DCCAを立ち上げたキッカケは愛犬あくびのこの姿なんです。10ヶ月でこの姿。大型犬なのに激やせで16キロ。当時、シッター兼仔犬の社会化を教える仕事をしていた私は、この症状に全く対応できませんでした。ここから私の犬に対する考えがガラリと変わりました。

この時から約6年。その間に難聴であることが発覚。どうりで・・・。と思うことは多々ありました。その後、てんかんを発症。そして食物アレルギー。実はいまだに、この食物アレルギーと向き合っています。

悩み続け、向き合い、一つずつ克服してきたからこそわかること。

その考え方や対処法などの知識を認定資格で全てお伝えしています。飼い主さんが愛犬の状態を誰よりも把握しています。人任せではなく、飼い主さんに知っておいて欲しいことがたくさんあります。

また、私と同じように悩む飼い主さんは多いのではないかと思います。どうか諦めないで欲しい。愛犬を幸せにできるのは飼い主であるあなただけです。そのサポートを少しでもできたらいいなと思っています。症状で悩む飼い主さん、一人で悩まず、ドックケアアドバイザーにご相談ください。

お問い合わせの「相談」からご連絡いただければ、このブログで対処法をご提案させていただきます。