愛犬の様子が「何かちょっと違う」と思うときはありませんか?

そう感じることがあった時、それが愛犬からのSOSです。

ほとんどの飼い主さんはこのSOSを受け取った時、元気はあるか、食欲はあるか、うんちは正常化、で愛犬の健康チェックを始めます。

そしてそれらに問題がないと、「気のせいか」と思い込んでしまいます。

ですが実はこの「勘」が最も大切なんです。

犬はちょっとくらい体調が悪くても元気に遊びます。好きなものを与えたら大喜びで食べます。飼い主さんに呼ばれたらとびっきりの愛情をくれます。

そう、これらが体調不良の目安にはならないのです。では、うんちは?

うんちが体調不良の目安になるのは、身体が正常に機能している時のみです。小さな頃から粗悪なドックフードや過酷な環境で育っていると、その中で生きていくために身体がそれらに順応するように変化しています。

わかりやすく言うと、うんちが臭いのは異常です。大量のうんちも異常です。何の目安にもなりません。

何かちょっと違うと思うときにケアできる飼い主さんであって欲しいし、愛犬にとっても頼り甲斐のある飼い主と思ってもらえるはずです。