興味があっても栄養バランスを考えるのが難しそう。手間がかかるからやりたくない。などの理由から、手作りにした方がいいのだろうけど、手作りに踏み込めない・・・という飼い主さんは多いです。

そういう飼い主さんのために当協会では、簡単に栄養バランスを考えた手作りごはんの作り方をお伝えしています。

↑のような理由で手作りごはんに踏み込めない飼い主さんはまだしも、本気でドックフードが最良のごはんだと信じて疑わない飼い主さんも少なくないのが今の日本の犬飼事情。

ドックフードと手作りごはんだとどちらがベストかは一目瞭然です。

ドックフードは栄養バランスを考えられた最低ランクの犬ごはん。残念ながら、素材の品質や添加物、体に有毒となる化学物質がどれだけ含まれているかどうかは、ドックフードを作る際の基準にはありません。

ということは、私たちが口にできないようなもので作られているということです。例えば、病気にかかって死んだ動物の肉でも健康な動物の肉と栄養素は変わらないのですから、安く手に入るもので作る業者がいても不思議はありません。また、殺処分に使われるような化学物質でもドックフードに添加しても規制する法律はないので、実際に使っているフードはたくさんあります。

もちろん、そうではないドックフードもあります。もちろんかなり高級なフードとなっています。

そんなペット業界の裏事情も含めて、ドックケアコーディネーター認定資格の中の「手作りごはん」の項目でお伝えしていきます。大切なご愛犬の身体を作っているのは、今与えている食べ物です。まずは、ここから真実を知り、ご愛犬の健康を飼い主様が管理できるようになってほしい、そう願っております。