ご愛犬の体格チェック方法をお伝えしますね。

・四本脚で立っているときに真上から見下ろしてください。見ただけでもわかるくらいウエストのくびれはありますか?

・尾てい骨は簡単に触れますか?

・背骨が簡単に触れますか?

・肋骨が簡単に触れますか?

以上4点でわかります。それにプラスして筋肉がしっかりついていると理想的な体型といえるでしょう。

愛犬あくびは理想的な体型をしていますが、最近は痩せ過ぎの部類に入ってきてしまいました。目で見て背骨がわかるのは痩せ過ぎです。

肋骨までが目で見てわかるというのは栄養状態が心配になってきますね。

逆に肥満体型の見分け方は上記4点が一つでもクリアできない場合です。簡単に触れるかどうかがポイントで、少し力を入れて探さないとならない場合は、肥満予備軍。尾てい骨・背骨・肋骨のどれかが一つでも触ることができない場合は、すでに肥満です。

太っている方が可愛いというのは飼い主の言い訳にしかなりません。本当に愛犬が大切ならば肥満にしてはいけないのです。

肥満というのは、体が老廃物でできている状態です。ダイエットをしたいけどできないという声を聞くことがあります。ですが実は飼い主の意識が変わるだけでダイエットは成功するんですよ。

逆に難しいのは太らせる方法。食事の質や量だけでコントロールできるものでもないからです。

ダイエットの方法も太らせる方法も認定資格の講座でお伝えしています。