側にいるあなたができること
ブログ

ほんとにそのままでいいですか?

今回のブログは、いつもと少し違った書き方をあえてしてみますね。 シッター時代、お客様の大切なご愛犬を、自身の犬3頭猫1頭いる状態で自宅にてフリーでお預かりしていました。 多い時で犬が9頭猫が1頭という環境です。 リビング …

今からでも、まだ間に合います。

何の話?って思いましたよね。笑 でも、この言葉から、どんなことを想像しましたか? きっとご愛犬のことで悩んでいることを想像されたのではないでしょうか。 ならば今想像した悩みを解決するまでの考え方を、身につけてみましょう。 …

伝え続ける、ということ。

みなさんはご愛犬との生活に、何一つ疑問はありませんか? 私は、これまで犬に向き合い、自分の犬たちだけではなく、たくさんの犬と関わらせていただいた8年間の中で、自身の犬へのコンタクトの取り方に満足したことはありません。 そ …

意外と多い、股関節形成不全

股関節形成不全という症状を知っていますか? ネット等で検索するとすぐに調べられる病気です。私は病気という言い方をしたくないので、あえて症状とさせていただきます。 いろいろと書かれてありますが、私はこの情報がしっくりきます …

あくびに起きた新たな症状『食物アレルギー』

必見!ブログで、愛犬あくびに起きた添加物アレルギー・てんかんのことを書きましたが、今回は、健康的になってきてた、と思っていた頃に現れた食物アレルギーの話です。 6歳になった梅雨時期、あくびの行動が気になり始めました。あく …

愛犬ふくるの謎の症状に悩む日々

ふくるとの出会いについてはすでに書いてあるので割愛しますが、ふくるのように過酷な環境が背景にある場合、やはり心のトラウマだけではなく、身体自体がある種の防衛本能が働いていること(医学で説明できない何か)があると、私は思う …

愛犬るちあの膝蓋骨脱臼

我が家の3頭目に迎えたるちあは、大型犬と中型犬の先住犬たちに混ざって走り回る運動量の多い日常を過ごし、中型犬の走りに対等についていける脚力を持つ犬でした。ドックランでは、その性格上、知らない犬がいる時には、全く走らず飼い …

必見。症状に悩む飼い主さん読んでみてください。

私とあくびの出会いは必然だったと今は思う。あくびは河口湖付近の大型犬多頭飼育という素晴らしい環境で育ちました。ダルメシアンの父親と大型mix犬の母親との間に産まれた12頭のうちの1頭です。 いつか大型犬と暮らしたいと願う …

違う視点で見る

愛犬に何らかの症状が出ていて、その症状に向き合おうとしていても、答えが見つからないことがあります。 結果を答え、とするならば、答えとはいつの段階のことなのでしょうか。 愛犬に出てくるほとんどの症状は飼い主が原因であること …

犬を擬人化してはいけない理由

犬は同族である他犬とのコミュニケーションが必要不可欠です。 ですが、人とともに暮らす犬は他犬との接触の機会がなかなか得られません。まず、犬の群れ社会を学ぶはずの生まれてから2ヶ月の間に父犬・母犬・兄弟犬と離されてしまった …

1 2 3 5 »
PAGETOP