側にいるあなたができること
ブログ

相談

今からでも、まだ間に合います。

何の話?って思いましたよね。笑 でも、この言葉から、どんなことを想像しましたか? きっとご愛犬のことで悩んでいることを想像されたのではないでしょうか。 ならば今想像した悩みを解決するまでの考え方を、身につけてみましょう。 …

伝え続ける、ということ。

みなさんはご愛犬との生活に、何一つ疑問はありませんか? 私は、これまで犬に向き合い、自分の犬たちだけではなく、たくさんの犬と関わらせていただいた8年間の中で、自身の犬へのコンタクトの取り方に満足したことはありません。 そ …

意外と多い、股関節形成不全

股関節形成不全という症状を知っていますか? ネット等で検索するとすぐに調べられる病気です。私は病気という言い方をしたくないので、あえて症状とさせていただきます。 いろいろと書かれてありますが、私はこの情報がしっくりきます …

足の裏の毛の色が変色?

これも身体からのSOSですね。精神的なものから手を舐めすぎて色が変色してしまった犬。原因がわからないけど、足の裏を舐めすぎて色が変色し、悪化すると肉球が腫れてきます。 炎症は様々な原因で発症します。病院では原因よりもその …

足腰の大切さ。

犬の足腰の症状で覚えておいた方がいい5つの疾患。 ①膝蓋骨脱臼(パテラ) ・・・後ろ脚の膝の皿が内側にずれる症状です。先天性が多いといわれます。時々スキップをするように歩いたり、4本脚で立たずに後ろの片足だけ浮かせていた …

愛犬からのSOS

愛犬の様子が「何かちょっと違う」と思うときはありませんか? そう感じることがあった時、それが愛犬からのSOSです。 ほとんどの飼い主さんはこのSOSを受け取った時、元気はあるか、食欲はあるか、うんちは正常化、で愛犬の健康 …

犬の適正体格とは。

ご愛犬の体格チェック方法をお伝えしますね。 ・四本脚で立っているときに真上から見下ろしてください。見ただけでもわかるくらいウエストのくびれはありますか? ・尾てい骨は簡単に触れますか? ・背骨が簡単に触れますか? ・肋骨 …

愛犬あくびについて

「協会について」の中で載せてありますが、DCCAを立ち上げたキッカケは愛犬あくびのこの姿なんです。10ヶ月でこの姿。大型犬なのに激やせで16キロ。当時、シッター兼仔犬の社会化を教える仕事をしていた私は、この症状に全く対応 …

症状が出てきたら・・・

愛犬に何らかの気になる症状が出てきたら、心配になるのが愛犬家ですよね。 そんな時に真っ先に思い浮かぶのが獣医さん。 でも、今の医学ではわからないこともありますよね。 原因不明と言われ対処療法しかできないことも多かったりし …

ドックケアアドバイザー って?

 DCCAには、協会独自のドックケアアドバイザーという認定資格があります。ドックケアアドバイザー は症状に対する対処法や普段のケアの方法をなど、飼い主さんの「愛犬のために何かできることはないか」という気持ちに寄 …

PAGETOP