側にいるあなたができること
ブログ

犬語

伝え続ける、ということ。

みなさんはご愛犬との生活に、何一つ疑問はありませんか? 私は、これまで犬に向き合い、自分の犬たちだけではなく、たくさんの犬と関わらせていただいた8年間の中で、自身の犬へのコンタクトの取り方に満足したことはありません。 そ …

犬を擬人化してはいけない理由

犬は同族である他犬とのコミュニケーションが必要不可欠です。 ですが、人とともに暮らす犬は他犬との接触の機会がなかなか得られません。まず、犬の群れ社会を学ぶはずの生まれてから2ヶ月の間に父犬・母犬・兄弟犬と離されてしまった …

「ありがとう」と「ごめんね」

以前、個人で仕事をしていた時に書いたものですが、協会としても伝えていきたいことのひとつです。 いつも留守番させてごめんね あんまり遊んであげられなくてごめんね 病気・・・治してあげられなくてごめんね 人はしてあげられない …

今を生きる

私たち飼い主は、愛犬に長生きしてほしいと願う。 ですが、犬は今を生きる動物。その時その瞬間を大切に生きたい。 そんな犬にとって長く生きるという価値観は当てはまりません。眠りたい時に安眠できる場所があって、美味しいものを食 …

犬語がわかるようになる

犬語とは犬のボディランゲージ。 犬語がわかるようになるということは、犬のボディランゲージを読み取れるようになること。これは客観的に犬を観察することができる人なら、そのうちできるようになるでしょう。 今日スタッフとの会話の …

犬語とは

私がこの言葉を使い始めたのは、8年前、子犬の社会化トレーニングをしていた頃からです。犬のボディランゲージのことを簡単にいうために犬語と表現しただけなのですが、その当時から、ネットなどで検索してみると同じように犬語と表して …

ケアを受け入れられない犬たち。

飼い主がいろいろケアをしてあげたいと思っても、やらせてくれないという場合があります。私たちの行為を素直に受け止めきれない犬は意外と多いんです。 じっと我慢する犬もいれば、やらせないように上手に避ける犬、威嚇する犬、噛みつ …

犬を知る

犬を知り、犬を守りたいと思うことはそのまま犬への接し方に直結してきます。 穏やかに犬を育てられる飼い主さんは、犬の精神面を大切にしています。もちろんそんなこと意識してもいないと思います。 逆に見た目やしつけにばかり気をか …

犬の立ち姿

立ち姿とは4本足で立っている姿のことです。 そこには体型だけではなく、その犬の性格や自信という内面が溢れ出ています。 また、その犬の生活環境や運動量などもわかってしまいます。 「美しい」ということはそれなりの結果なんです …

多頭飼いするなら・・・

1頭飼いから2頭に増える時は飼い主さん自身、気構えしてしまったり、大丈夫かなぁと不安に思うこともあるかもしれません。ですが、実は1頭も2頭も犬と人との関係性は変わることがありません。 2頭目を迎える前に自分自身に問いかけ …

1 2 »
PAGETOP