愛犬を守る知識|ドッグケアアドバイザー養成講座

愛犬を守る知識を身につけたい

こんなこと思ったことありませんか

  • 病院で医師に言われたことがいまいち理解できなかった
  • どうして処方される薬の名前が書かれていないんだろう・・・でも動物病院ってそういうもんなのかな
  • なんでこの薬をのまなくちゃならないのか何度か聞いたら嫌な顔された
  • ずっと薬を飲み続けなくちゃいけないのか不安になってくる
  • 薬がなくなってしばらくするとまた同じ症状が現れてエンドレス・・・
  • 何かあるとすぐに療法食って言われるけど、それ食べないんだよ・・・食べさせるのもストレス
  • 手作りごはんですって言ったらあからさまに嫌な顔をされたけど・・・
  • ドッグフードの選び方がいまいちわかんなくて・・・探すのが大変
  • 総合栄養食って書いてないものは買わない方がいいのかな
  • 適量ってよくわかんない。適量あげてるのに太ってしまうし。お客様センターに電話するのも面倒。
  • なんでドッグフードって臭いのかな。犬ってこんなに臭いのが好きなの?
  • フード食べさせたあとに数時間安静にする理由ってほんとはなんなんだろ。
  • 思い返してみたら・・・いろんなことがとりあえずよくわかってないかも。
  • 犬のためってそもそも何?犬ってドッグフード食べさせて水飲ませて散歩連れてけばいいんじゃないの?
dcca.mogi

犬を飼うということはその命に責任をもつことですが、今の日本では犬は「物」の扱いをうけることが多いです。だから食べ物ひとつとっても規制が緩すぎていったい何が入っているフードなのかわからない。そしてそんなものを総合栄養食といって食べさせているから病気にだってなるんです。そして病院にいったらまたなんの薬かわからないものを出される・・・。薬がなくなったらまた症状がでる。それを防ぎましょうと、今度は予防薬といった化学物質を身体にいれる。その予防薬をしていないと、ドッグランにも入れないしホテルにもトリミングにも預けられない・・・なんていう、犬を飼うと「ドッグフードから始まりさまざまな化学物質漬けの生活をさせておく」環境が定着しています。それに反する手作りごはんや健康思考をバッシングする風潮も。

まずは疑問すら感じさせないこの仕組みに、疑問を持ってみませんか?

答えは愛犬の身体にあります。疑問を持って知識をつけると、食から変えていかなくては・・・ということに気づきます。まずそこに立つことができれば、あなたは愛犬の身体を守ることができるようになります。難しいことではありません。「知りたい」と思う気持ちが「知識」に変わり、愛犬を守る武器になります。

知識を増やしたい

初めまして。”とことん犬目線の犬育て” ドッグケアアドバイザー講座、講師の 茂木友美です。

この写真はドッグマッサージの動画を撮っている時の一コマです。

いつもモデル犬を務めてくれる愛犬と一緒のおかげでリラックスした感じで撮れていますが、実際の私は写真が大の苦手です。笑

一般社団法人ドックケアコーディネーター協会の代表として、

アトピー・アレルギー・てんかん・膝蓋骨脱臼・股関節形成不全・肥満ぽっちゃり体型の犬に、手術しない!薬に頼らない!でも元気に暮らせる方法をご提案し、並走して実際に薬に頼らない病院にかからない身体つくりをサポートしています。病院にかからない身体つくり|自然治癒力アップスクール

個人事業8年目に法人化し、法人化2年目にしてこのスクールと講座を開講しました。

ここに至るまでにたくさんの犬たちの身体の不思議と向き合いサポートをし、約4年かけてようやく自信を持って犬の自然治癒力を引き出して導けるようになりました。

最初から愛犬のケアができていたわけではありません。

その反対です。それにより、愛犬がひどい状態になってしまったことで悩みに悩みまくり、現在の愛犬たちの健やかな身体へと繋がりました。

自然治癒力アップスクール開校までに至った知識の全てをこのドッグケアアドバイザー講座にまとめています。

ペット業界にはたくさんの講座がありますが、この講座は飼い主にしかできない体調管理のノウハウが詰まった知識です。情報量には自信があります。

この知識を基礎として、これからのご愛犬の体調管理にお役立てください。またこの知識を修得することで、これまで持っている知識を活かしてペット業界に新しい知識を広めていただけると幸いです。

具体的にはどんな知識が学べるの?

  1. 犬の手作りごはんー 基本(栄養素表つき)
  2. 栄養バランス
    1. 栄養面で気をつけるべき要点
    2. 食材選びのポイント
    3. ビタミン・ミネラルの補給方法
    4. 量と質
    5. 栄養素を壊さない調理方法
    6. アレルギー
  3. 犬のハーブ
    1. 食事とハーブの関係
    2. 薬として使用できる犬のハーブ
    3. ハーブ使用法
    4. 症状別ハーブ
  4. 犬のマッサージ
  5. 犬のツボ押し
    1. ツボの位置と押圧法
    2. 症状別ツボ押し
  6. 愛犬の体質チェック(実践編)
    1. 実際に愛犬にあうケアを知る
    2. 肉球ケア方法
  7. 血液検査の読み方
  8. デトックスの仕方
  9. 症状別対処法

テキストを購入し自分で進める通信とオンライン講義で学ぶ一体型の講座です。お申し込み後すぐにテキストがお手元に届きます。ご自身のペースでテキストに目を通していただいたのち、講師と24時間繋がる専用チャットにてオンラインの日時を予約し、個別オンライン授業を12回受講いただきます。
オンライン授業は個々に合わせた実践型となっていますのでテキストの内容をしっかりご自身のものにしていただけます。
質問は専用チャットにて都度解決できるようにし1年でしっかりドッグケアアドバイザーとしての知識が身に付くカリキュラムとなっています。

ドッグケアアドバイザーを取得したらどうなるの?

ご愛犬の体調管理にお役立ていただけます

認定ドッグケアアドバイザーとしてご自身の活動に活かしていただけます(登録料はかかりません)

ドッグケアアドバイザーとしてドックケアコーディネーター協会にてご活躍いただけます(ドッグケアアドバイザーを仕事として活動したい方向け)

テキストがお手元に届いてから自分のペースで学べます。毎月1回ご都合のあう時間にマンツーマンのオンライン講座をご受講ください(1時間)。
1年間専用チャットにてご愛犬の生活をサポートが受けられ、これから起こりうる症状にご自身で対応できるようになります。

テキストがお手元に届きましたら、早速学び開始。ただの通信ではありません。年間12回のマンツーマンのオンライン講座(各1時間)の中で知識を深め、他の飼い主さんの相談に乗れるようになります。タイミングを見て(個々の習熟度によって変わります)認定試験を受験していただき資格授与。(ドックケアコーディネーター協会認定「ドッグケアアドバイザー」資格を取得できます)
犬の健康について幅広くアドバイスできる資格となります。
ご愛犬だけではなく、周りで悩んでいる飼い主さんに寄り添いこの知識をお役立てください。

保護ボランティアさんや、トリマー・シッターなどのお仕事をされている方にもおすすめします。

ご自身の愛犬だけではなく、知識を活かしてたくさんの方へ自然治癒力を引き出す犬育てを伝えたいと思う方に、知識の修得と資格授与後仕事として活動できるようサポートします。
テキストでの自主学習の他、オンラインでは実践で学びを深め、資格取得後にはオンラインでの活動方法までを1年間の間にお伝えします。(SNS・公式ライン・メルマガ・ZOOM)

DCCAに登録いただくことが条件となりますが、ご自身の特技をいかしてのセミナーやスクールの開校等もできるようサポートしています。 既存のセミナーやスクールと重ならないこと。

学んでみたい

どんなふうに勉強するの?通信オンライン一体型って?

1年間の通信オンライン一体型個別講座となります。
お申し込みの次月より1年間となります。
例) 1月5日にお申し込み → 2月1日から翌年1月31日まで
この2月から翌年1月までの間にオンライン講座を12回、ご自身のご予定に合わせてご受講し学んでいただきます。

  1. お申し込み後すぐに届くテキストで通信学習スタート
  2. わからないところをチェックしながら一通りテキストに目を通す
  3. オンライン講座に予約をする
  4. 12回(1回1時間)のマンツーマンオンライン講座にて
    1. わからないことを講師に直接教えてもらう
    2. ご愛犬の体質チェックをしケアの実践開始
    3. 症状に合わせた実践を続け様々なケア方法を身につけていく
  5. 資格を取得したい方は認定試験を受験
  6. 資格を活かして活動したい方はサポートを受ける
    1. 認定ドッグケアアドバイザーを目指す方は公式ライン作成や相談にのる時の注意点などもお伝えします。
    2. ドッグケアアドバイザーを目指す方は引き続きサポートを受け、目指す仕事ができるよう日々学んでいきます。

特典

オンラインサロンそばあな会の月会費が含まれますので、講座自体はマンツーマンですが、コミュニティでの交流もできます。
そばあな会がアウトプットの場となりますのでより実践しやすい環境となります。

資格取得者様の活動

認定ドッグケアアドバイザー
望月知子

保護犬の預かりボランティアスタッフとして愛護活動をしながら、公式ラインにて飼い主さんの悩みに寄り添っています。

そばにいる飼い主だから出来ることがある。
犬との暮らしは学びの宝庫。居るだけで癒しの存在であり、自分に向き合うことを教えてくれた犬たちに感謝の日々。犬の数だけ悩みがあるから楽しさも倍。犬の症状で悩む飼い主さんに伝えたいケア。

ドッグケアアドバイザー・DCCA食育講師
持田信子

手作りごはんスクール講師・うちのコごはん教室講師・公式ラインにて食育情報配信

犬は別の生態と思い込み6年間過ごし、愛犬の身体は様々な症状を繰り返しその度に病院へ。
このままではいけないと手作りごはんを学んでみると、自身の息子の食物アレルギーで悩んだ時に得た知識とリンクすることに気づきました。
その知識と経験を活かし今度は愛犬のアレルギーやアトピーなどで悩んでいる飼い主さんの気持ちに寄り添って、症状を改善する食育を伝えたいと思い、ドッグケアアドバイザー取得後1年半、手作りごはんスクールを開校することとなりました。

よくあるご質問

感想

資格は興味ないけど、自分の犬のケアをするために勉強したい。そういうのでもいいんですか?

もちろんです。オンライン講座の中ではご愛犬の症状や生活環境に合わせての実践的なスタイルで教えていきますので、12回のオンライン講座の中のケアでご愛犬の様子も変わってくるのが実感できると思います。マンツーマンでケアの方法、今後症状が出てきた時、どうやって考えてケアをしていけばいいのかがわかるようになります。テキストはその後のことも考え、症状別対処法を載せてあります。

dcca.mogi
感想

資格に興味はあるけどその後どうしたいかはまだわかりません。まずは学んでみるだけ、でもいいですか?

はい、みなさんそうだと思います。この知識は犬と暮らす上でとても役立ちます。今そばにいるご愛犬も、もしかしたらこれから縁があってお迎えする命も幸せにできるものです。資格取得後特に活動していない方のほうが多いです。取得後もし活動したいと思われた時にお声がけいただくことも可能です。まずはご愛犬のため、学んでみてください。

dcca.mogi
感想

いつか動物関係の仕事をしたいと思っていました。私にもできるでしょうか。

個人で屋号をもって開業するには定められた資格がないとできません。その場合、最短でその資格が取得できる方法をお伝えすることもできます。ですがいきなり開業というよりは、DCCAに登録していただき、DCCAのオンラインスクールやセミナー・教室の講師といった形で仕事をしていただくことをオススメします。そのために必要な手順やスクール等の内容もすべて確認しフォロー・サポートさせていただきます。

dcca.mogi

ドッグケアアドバイザーの勉強してみる!

実際にオンラインスクール開校したアドバイザーのご紹介

犬の手作りごはんスクールを開講したドッグケアアドバイザー持田信子さん
アドバイザー資格取得後9ヶ月でスクール開校に至る。


自身の息子が幼いころより食物アレルギーで食に対する知識はあったにもかかわらず
犬は、別の生態と勝手に思い込み6年間を過ごしていました。

愛犬ベルは、2歳 膀胱炎 3歳 ストルバイト結石 5歳 食物アレルギー発症(耳に炎症が起きるように)6歳 肝臓数値上昇
症状が出るたびに、協会代表の茂木に相談しては、手作りごはんにしていましたが、症状が治まるとフードに戻すという生活を6年間続けていました。
が、父親を肝臓がんで亡くしてることもあり肝臓数値上昇を診断された時に、このままではいけないと思い完全手作り食に変えました。

決して安くはなかったフードをその場で捨てました。
自分の決意を形に表し戻る事のないようにです。

フードジプシーでもあったし、ベルがフードをいやいや食べている姿を見るのも気になっていた自分がいます。
完全手作りにかえてから、3か月たつ頃には、耳の炎症もおきなくなり、季節の変わり目には必ずなっていた膀胱炎も発症しなくなっていました。
何より、毎回の食事で残すことなくあっという間に食べ終わるベルの姿を見ることが出来ました。

1年後の血液検査では、数値が半分も下がっていました。
薬もサプリも使わなくても日々の食事で、ベル自身の自然治癒力を引き出していくことが出来ました。
ベルは、3か月で症状軽減できるという事は、本来自然治癒力が高い身体を持っていたのでしょう、
しかしながらフードにより身体を弱めていってたんですね。
ここは、学ぶことで気が付きました。
そこで気が付いたことが、人も犬も食への考え方は同じだという事。
色んなことがリンクしました。
だからこそ皆さんに伝えていきたいと考えています。
毎日だからこそ、簡単に!をモットーとしています。

アドバイザーになるために学んだのは、人も犬も同じ考えで良かったということ。
だったら! 自分の持っている知識を活かして

アトピー・アレルギー・他皮膚炎・ストレス・免疫疾患で悩んでいる方を助けたい!

そう思い、症状に合わせた腸活の方法をお伝えするスクールを開校しました。
腸活、今はこの言葉を聞くことも多くなりました。
このスクールは単なる腸活だけではない(腸活はアドバイザー講座で学べます)、食べ合わせで腸内改革をしていきます!

2022.3月開講『腸活なんて当たり前!食べ合わせで腸内改革|犬の手作りごはんスクール」
3ヶ月のオンラインスクール。4名の生徒さんに現在教えています。
まだ卒業には至っていませんが、生徒さんからのお声を続々といただいております。一部を紹介させていただきます。

ドッグフードに疑問はあるけれど手作りするには自信がない。自分の手作りごはんだと栄養が気になる。ドッグフードならばプロの手によって作られたものだから栄養バランスなどは安心だろうし。…と、手作り食を始める前、そして始めてからもこのように揺れ動いていました。
1回目のドッグフードについて詳しく学ぶ講義では、ドッグフードを与え続けていくことのリスクを強く感じました。
愛犬に"よかれ"と思って与えいるのものが、不調を促す原因になっているかもしれない。

総合栄養食とゆう名のついたドッグフードに惑わされそうでしたが(惑わされていた笑)、手作りごはんならば一度の食事が完璧ではなくても、1週間や1ヶ月単位で考えていけば補っていける。
添加物の入っていない手作りごはんに勝るものはないなぁと思えました。

2回目の実践ではみなさんと一緒にお料理するのが楽しかったです。
料理してるところって見せることがないので我流で突き進んでましたが😅
洗って切って、茹でて…工程を共にすることで発見もありました。
その場ですぐに質問できるのもとても良かったです。

座学では栄養の話もあり、自分にとって気になっていた部分を学ぶことができました。
1日な必要な量など、数字で確認できるので安心しました。
食材にあった調理方法など、勉強になることばかりでした。

メッセージのやりとりだけでは伝わらない部分がたくさんあったなぁと思います。対面ならではの、充実した時間でした。

1回目のドッグフード診断は、かなり勉強になりました
。身体にあまり良くない物が入ってる…とはわかってるつもりでしたが、具体的には何がどういけないのか等は、どう調べていいのかもわからずだったので。 原材料を1つ1つ検索するのもかなり大変ですし。 特に、数種類の豆が記載されているので、結局は豆が1番入ってると言うのは、見てるようでちゃんと理解は出来てなかったと気付かされました。

2回目は、実践だったのでとてもわかりやすかったです。
お肉は、水からゆっくり火を通すこと。どうしてそうするのか…詳しく解説していただけて勉強になりました。
そして、解凍の仕方。
人間のレシピや既製品の物でも「冷凍できます」って書いてあっても、解凍の仕方が記載されていないものも多く、
どうやって解凍するのが正解なんだよって思うものがよくあるので、解凍の仕方まで教えてくれたのは嬉しかったです😃

こうだったら良いなかな?と思うのは、例えば1回目のお話の中で、6大危険要素?と言うのが使われているとあったと思いますが、後でその要素を調べたい時に参考にできるURLとかサイト名を教えていただけるといいなと思いました。

ドッグフードの表記、改めて教えてもらい、なんとなくこれって怪しいなーと思ってたものがやっぱり怪しかったり、思いもしない悪いものが入っていたりとすごく勉強になりました。色んなごまかし表記など奥が深そうで買わずとも色々見てみたいなと思いました。

昨日は昨日で一緒に作れて楽しかったです。 あのあときちんと測って夕飯をあげてみたところあげすぎだったかも、、、😅 わりとアバウトだったので、反省したところでした。
栄養価の表もいただいたので、どれが足りていないかな、など参考になりそうです。復習しながら毎日のご飯に生かしていけたらと思ってます😆

いつも聞いてくださってありがとうございます。
持田さんがいらっしゃって本当に心強いです。
1人では結局病院しか頼るところがなくて悶々としたままだったと思います。
こうやっていつも寄り添っていただき感謝しています。


認定資格取得しドッグケアアドバイザーとしてDCCAに登録後(登録無料)のヒアリングで、資格取得者さんの意向に添ってサポートさせていただきます。
持田さんの場合は、ぜひその知識を活かしていただきたいと思いスクールの開校をおすすめしました。
スクールの内容や作り方、発信の仕方、集客の方法など細かく並走し、資格取得後スクール開講まで9ヶ月。
開校後のフォローもしています。

現在ドッグケアアドバイザー講座にて学んでいただいている方たちにも資格取得後はヒアリングしたのちドッグケアアドバイザー講座の知識を広げていける場合サポートをしていきます。
ただし既存のスクールと被る内容はご遠慮いただいています。

オンラインで話すのが苦手という方も大丈夫、みなさんがすでに持っている(自分ではわからないのが特技でもありますのでそこを見つけるお手伝いもしています)知識を活かしてお仕事にし、現在の犬の飼い方を少しずつでも変えていけることを願っております。

ドッグケアアドバイザー養成講座 講師 茂木友美

ドッグケアアドバイザー勉強してみる

2022年3月14日