愛犬と手をつなごう|犬語教室

2022年4月8日

犬のこと知りたくありませんか? どうしてって思うことありませんか?

  1. リードって短い方がいいの?
  2. 首輪とハーネス、どっちを使ったらいいんだろう?
  3. 散歩でずっと引っ張られてしまって、全然隣を歩いてくれない!
  4. トレーニングってしなくちゃダメなのかな
  5. 犬を見かけると吠えちゃって他の飼い主さんと話したいのに話せない
  6. 正直・・・可愛いと思えなくなってきちゃって・・・

散歩に行くようになると悩みが出てくる飼い主さんは実はとても多いです。
そしてトレーニングを開始する方も。
でもちょっと待って!トレーニングする前に知っておかなくちゃならないことがあります!

なぜ愛犬はその行動をするようになっているのでしょうか。
勝手な解釈をしてませんか?
まずは犬ってどういう生き物なのか・・・なぜ私たちは犬の行動が理解できないのか・・・
犬を知ることから始めてみましょう。

散歩では悩みがないけど・・・家の中では・・・

  • とにかくよく吠える・・・常に要求をされているみたい・・・
  • 甘噛みなのかもしれないけど・・・噛まれるのがイヤ
  • 外では静かなのに家の中では暴れん坊・・・
  • いたずらがひどい・・・誤飲の心配も絶えない

いろいろ対処法を試してはみてるけど上手くいかない、自分が我慢すれば・・・って思ってしまう方も多いんです。
必ずその行動をとるようになった原因はあります。

生まれ持った性格の他に、あなたと知り合ってから形成された性格というものがあって、その両面と原因が関係してその行動は出ています。
原因のほとんどはあなたを含む環境なんですが、愛犬の性格を知っていることでよりストレスなく関係性を変えていきましょう。

犬語教室ってどんなことするの?

①関係性を築いていきます

まず犬という生き物を知ること。
今は愛犬の行動の意味がわからないからすれ違っている状態。
関係が深まっていけばコミュニケーションはとても楽簡単にそして楽しくなります。
犬は今まできちんと伝わらなかった自分のきもちを理解する飼い主に対して安心感を覚えると同時にリスペクトするようになります。人は問題行動が減ってくることに喜びを感じさらに愛犬のことが愛おしくなります。

この関係性の作り方は1対1の散歩でリードを通して作り上げていきます。

②コミュニケーション能力を高めます

関係性が築けてくるとコミュニケーションが楽しくなり、よりたくさんコミュニケーションを取り合うようになります。
通じたシグナルの数だけ絆も深まり相乗効果を得られます。

同時に愛犬に伝わりやすい方法がわかってくるようになります。
やめてほしい時のシグナルをお互いが理解すれば、やめてほしいことの理由が変われど、その行動を止めることは可能になるのです。そしてしてほしい行動を伝えます。

犬語教室のカリキュラム

  1. リードは愛犬と手を繋ぐための道具。犬をコントロールするものではありません。犬語教室では普段使いに2メートル・他の方にご迷惑がかからない広い場所では3メートルを推奨してます。長めのリードを使いこなせるよう練習します。
  2. リードでコントロールせずとも愛犬に意識を向けてもらえるよう練習します。
  3. 愛犬のニーズにあった散歩をリードでコントロールすることなく人も犬もストレスなく楽しめる散歩をします。
  4. 愛犬のタイプを知り、お互いの想いを伝え合えるようコンタクトの取り方を練習します。
  5. 褒め方の練習をします。
  6. 愛犬が喜ぶ遊びを一緒に体験します。
  7. 普段愛犬が散歩中に伝えてきている言葉の読み方を勉強します。
dcca.mogi

1年間の会員制犬語教室です。毎月1回の開催ですが、梅雨時期の開催ではドッグカフェ体験をします。その他年に2回イベントとしてみんなで海などで遊びます。会員制ですので、いつの間にか犬も人もパックとして意識できることで、それまで苦手と思っていたシグナルも大丈夫になっていたり、いつの間にか経験値があがっていることを実感できるはず。
ラスト3回はそれまで培ってきた関係性を試す時。飼い主側が少しキツいのですが・・・低山の登山をします。
愛犬と一緒に登るという達成感と、それまで知らなかった愛犬の一面が見れるかもしれません。
他の先生のトレーニングを受けている方でも邪魔になるようなものではありませんが、リードや首輪でコントロールしたり、リードは短く持つという方法を習っている方はご参加ご遠慮ください。
この教室は愛犬に何かを教える、のではなく、飼い主が犬の行動を理解し犬の言葉を読めるようになることを目指しています。そうすることで今悩んでいる問題はいつの間にか解決していることはあるかもしれませんね。

会員制犬語教室

・毎月1回日曜日開催
・いつでも講師と繋がれる専用チャット、グループチャットをご案内
・年に2回のイベント開催(2023年度は5月・10月頃を予定)※2022年はオススメ散歩コースを歩いたり、一宮海岸で遊びました
・ラスト3回(12月・1月・2月は低山登山)
 ご家族やお友達等も連れてきていただいて大丈夫です(その際お友達も参加費がかかります)
・2月は登山の後に卒業ランチ会あり
・卒業後はOBとして次年度以降も好きな時にご参加いただけます(参加費用500円)

会費:3,500円/月(年間42,000円)
参加できなかった月も会費 1,500円/月 は発生します
当日現金払い
イベント時の会費はありません
開催場所までの交通費やガソリン代、飲食代等は各自ご負担していただきます

日程(2023年度)
   3/12(日)13:30〜15:30 市川市小塚山どうめき谷津公園(リード練習)予備日3/26
   4/9(日)16:00〜18:00 市川市小塚山どうめき谷津公園(意識)予備日4/16
   5/14(日)16:00〜18:00 松戸市坂川親水広場(ニーズ)予備日5/28
   6/4(日)6:30〜8:00 市川市小塚山どうめき谷津公園(復習)予備日6/11
   7/23(日)9:30〜11:30  千葉市美浜区幕張イオン(カフェ体験)
   8/20(日)5:30〜7:00 市川市小塚山どうめき谷津公園(タイプ別)予備日8/26(土)
   9/17(日)16:00〜18:00 市川市里見公園(褒め方)予備日9/18
   10/22(日)13:30〜15:30 市川市小塚山どうめき谷津公園(遊び方)予備日10/29
   11/26(日)13:30〜15:30 松戸市坂川親水広場(気持ちの読み方)予備日12/3
   12/17(日)10:30〜13:00 登山(千葉県)予備日12/23(土)
   1/21(日)10:30〜13:00 登山(千葉県)予備日1/27(土)
   2/18(日)10:30〜14:30 登山(千葉県)予備日2/24(土)

23年度会員募集は5月中まで。

講師とパートナー犬の紹介

犬語教室はあくびがまだ1歳の頃、ドッグランで知り合った方が他犬との関わりでとても悩み必死に向き合っていた様子を見て、何かしてあげられることはないかと作った教室です。 そんなに苦しんでトレーニングなんてしなくても!もっと楽しく犬と暮らせるよってことを伝えたかったんです。
トレーナーをつけていることは知っていましたので、そのトレーニングに邪魔にならない範囲で、その方の犬の気持ちを代読するところから始めました。当時は口コミで広がりたくさんの方に参加していただきました。 
当初からパートナー犬としてあくびを連れていきました。まだまだ私もあくびとの関係構築中でしたので、一緒に学ぶスタイルでしたね。笑 

本来犬語教室は問題行動の矯正をする教室とは違うのですが、求められることはそこが多いのは事実です。

犬語教室への参加で問題行動が治る場合は、飼い主さんとご愛犬のコミュニケーションのすれ違いによってそれらの行動が出てきているケースです。飼い主さんが愛犬のニーズやタイプを知ることで接し方が変わってきて、双方がストレスなくなりコミュニケーションが円滑になることで問題行動などまるでなかったようになるからです。

でもそうではない場合は、コミュニケーションが円滑になっても問題行動と言われるものは治りません。原因は飼い主さんとの関係にないからです。
そういう時でも、ではなぜ?ということを一緒に考え、ご愛犬の気持ちをサポートできるようアドバイスさせていただきます。

そして、リハビリ。
時間をかけてゆっくりやっていく必要がありますが、犬語教室は1年後もOBという形でご参加していただけますので、ぜひご利用くださいませ。