犬の足腰の症状で覚えておいた方がいい5つの疾患。

①膝蓋骨脱臼(パテラ) ・・・後ろ脚の膝の皿が内側にずれる症状です。先天性が多いといわれます。時々スキップをするように歩いたり、4本脚で立たずに後ろの片足だけ浮かせていたりしたら、もしかしたらパテラの初期症状かもしれません。そのうち3本脚で歩いたり、ジャンプや走ることができなくなると症状が進んでいることになります。

②股関節形成不全・・・股関節の形成異常によるもので先天性がほとんどです。モンローウォーク、階段の上り下りが苦手だったり、散歩中に止まると座ったり伏せたりして休む犬、座り方が変な犬、ジャンプしたり飛び降りるのが苦手な犬なんかはこの疾患の可能性があります。普段の生活では問題が出なくても、軟骨がぶつかりあい痛みが生じてしまうので、激しい運動は控えた方がいいです。

③椎間板ヘルニア・・・激しい運動や負担のかかる動作を繰り返すことにより、神経が圧迫され突然痛みが出る疾患。背中だけだと思われる方もいますが、首にも起こります。背中や首を触られるのを嫌がったり、あまり動きたがらなくなり、後ろ足をひきずることもあります。

④レッグテルペス・・・股関節の骨の一部が溶ける疾患。遺伝的要因が強いといわれています。片足を引きずったり庇いながら歩いたりします。進行すると足が痩せて細くなってきます。

⑤突発性多発性関節炎・・・複数の関節が同時に痛くなる疾患。免疫異常が原因といわれています。足を庇って歩いたり、関節の腫れ、痛みで動かなくなるなどの症状が見られます。

4本足で立ち、歩く犬という動物は足腰が悪くなると途端に元気がなくなります。普段から足腰を鍛え、自分の脚で立ち、歩き続けられるようサポートしていくことはとても大切です。

※先天性と遺伝的、という言葉を使いましたが、先天性とは生まれつき持っていた要因のことを意味しますが、遺伝的ではありません。