手作りごはん,  犬の生態,  病気

食糞

なぜ犬は糞を食べるのか。

結論からいうと、食べる必要があるから、です。糞を見ると何でもかんでも食べると思いがちですが、違います。多分、好みの糞があります。

例えば、愛犬のあくびは仔犬の頃から自分の糞を食べます。今は自分の糞は食べませんが、鳥と猫の糞は食べます。他の犬の糞は子犬の頃から食べたことがありません。

ちなみに、愛犬のふくるとるちあは糞を食べるという行為は一度もしたことがありません。

糞を食べるという行為は、人間に取っては理解しがたいものですよね。

食べる犬と食べない犬の違いはなんでしょうか。

それはその犬の身体が必要としているかしていないか・・・です。日常的に生活の中でその犬に必要な栄養素が足りていない場合、その栄養素が含まれているものを見つけると生きていくために食べようとするのは、生き物として自然な行為だと思います。

それがたまたま糞だったのです。

ですが、糞を食べた時のきっかけはそうだったけれど、その時の飼い主の反応が犬にとって喜ばしいものだった場合(人間的にはきっとやめてー!って感じだったと思うのですが・・・)、飼い主がこれを食べると喜ぶと学習して、食糞が習慣化した犬はいます。

食糞は困った行動ですが、その行為の先にあるものをまず考えてみてください。その犬にとって、本当に必要な栄養素を食べさせられているのかどうか。総合栄養食といわれるドックフードを与えているから、栄養素は問題ない、などと勘違いしてしまっていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です