悩み相談 手作りごはん 犬の生態 病気

食糞

なぜ犬は糞を食べるのか。

結論からいうと、食べる必要があるから、です。糞を見ると何でもかんでも食べると思いがちですが、違います。好みの糞があります。
もしくは、病気を抱えている可能性もあります。膵臓や寄生虫・糖尿病の場合も食糞することがあります。

 

どの犬も食糞をするわけではない。

愛犬のあくびは仔犬の頃から自分の糞を食べます。今は自分の糞は食べませんが、鳥と猫の糞は食べます。他の犬の糞は子犬の頃から食べたことがありません。

ちなみに、愛犬のふくるとるちあは糞を食べるという行為は一度もしたことがありません。

糞を食べるという行為は、人間にとっては理解しがたいもの。
食べる犬と食べない犬の違いはなんなのでしょうか。

 

犬の身体が必要としているかしていないか。

日常生活の中でその犬に必要な栄養素が足りていない場合、その栄養素が含まれているものを見つけると生きていくために食べようとするのは、生き物として自然な行為。

愛犬あくびの場合だと、仔犬の頃自分の糞を食べていたのは虚弱体質で栄養素を吸収することができない身体だったため、食べても自分の身体の中に栄養素を取り込むことなく排出してしまっていました。それがわかるから、出したものを自分で食べることを繰り返していました。ですが、体質改善と腸を健康にすることで栄養素が取り込めるようになった今は、自分の糞を食べることはありません。

それでも鳥と猫の糞はいまだに食べようとします。それは、彼らの糞には犬にない栄養素が含まれており、それがあくびにとってはとても美味しそうなご馳走に思えるから。だけど、食べさせたくはないので、阻止しています。

 

愛犬にとって必要なもの。それがたまたま糞だった。

食糞の理由はわかっても、やはり嫌なものです。

栄養が足りていないのなら、その栄養をカバーする食事を提供できれば問題ないと思いますが、それでも治らないことが実はあります。

それは、糞を食べた時のきっかけは栄養補給だったけれど、その時の飼い主の反応が犬にとって喜ばしいものだった場合(人間的にはきっとやめてー!って感じだったと思うのですが・・・)、飼い主がこれを食べると喜ぶと学習して、食糞が習慣化してしまったと思われます。
この場合、愛犬に自分の意思の伝え方を再度考え直す必要がありますね。

 

食糞の行動の先にあるものをまず考えます。

食糞は困った行動ですが、その犬にとって、本当に必要な栄養素を食べさせられているのかどうか。
総合栄養食といわれるドッグフードを与えていたら栄養素は問題ない、などと勘違いしてしまっていませんか?
愛犬のために良かれと思って購入しているドッグフード、本当に愛犬の身体に必要なものなんでしょうか。

食糞で悩んでいる方は、今一度食べさせているものや愛犬の身体について考えてみてください。

その答えを一緒に探しだすこともできます。オンラインサロン「そばあな会」のスペシャルプランかオンリーミープランにご登録いただけると個別サポートがご利用いただけます。24時間繋がるアプリにてご愛犬が食糞してしまう原因をみつけ、しなくなるようサポートします。

 

-悩み相談, 手作りごはん, 犬の生態, 病気
-, , , , , , , , , , ,