犬の為に飼い主が出来ることをお伝えします

その他の活動

協会としての活動

●子どもたちに向けた啓発活動

小中学校の総合学習、道徳授業などの時間に、私達が犬と一緒に訪問します。

実際に犬と触れ合ってもらいながら、犬という動物について、犬の行動の意味などをレクチャーし、犬の正しい接し方を伝えます。(犬を連れて行かない場合もあります)

これからの未来を担う子ども達に正しい知識を伝えることで、ストレスを感じることなく、犬らしく生きる犬を増やすこと。

現在、犬のオーナー達が公共の場(公園や路上など)で遭遇する、犬を連れていない人とのトラブルや不便を減らすことを目指します。

●犬飼いマナーの向上を目指した啓発活動

犬を飼っている人はたくさんいますが、その価値観は様々です。

周りの迷惑を考えず、公園でドックランのようにノーリードにしたり、人の家の前で排泄をさせ放置する人もいます。

もちろんマナーを守っている飼い主さんがほとんどではありますが、一部のモラルのない飼い主さんの影響で、肩身の狭い思いをしている犬飼いさんがいるのも事実です。

犬を飼っている人のマナーの悪さは、同じ立場の犬飼い同士で正していきましょう。

「犬嫌いの人を増やさないことが犬を大切にすることに繋がる」という考え、以下の活動を行います。

各地域の条例をもとに、犬を飼う上でのマナーを伝えていきます。

ノーリードの禁止・排泄の処理についてのマナーなど、ポスターや掲示物を作成し、掲示することも視野にいれています。

●保護犬・保護猫の里親支援事業

私達の目指している里親支援事業は他の団体さんとはちょっと違います。

愛護センターなどから犬や猫を引出して医療にかけ、ケアをして譲渡が可能な状態にするところまでは同じですが、年齢や環境で譲渡条件を狭めることはせず、ご高齢の方や単身者であっても犬を飼うことが出来る技量のある方を見極め、譲渡します。

里親希望者にはあらかじめ当協会のセミナーをいくつか受けていただき、譲渡後も協会がサポートをしていきます。

このサポートシステムにより、年齢や環境にとらわれず犬と暮らす選択肢を持つことが出来ます。

●助け合い事業

「自身に何かあったとき、愛犬はどうなってしまうのか?」

犬を飼っていて最も心配な事は、普段犬のお世話をしている飼い主に病気や怪我など不測の事態が起きた時、どのように対応したら良いか?ということだと思います。

当協会は、そんな飼い主さんの不安を減らすため、助け合い事業を展開します。(万が一の時の一時預かりや、散歩の代行、犬の食事の用意など)

飼い主さん向けイベント

初めて犬を飼う人へ向け、正しい犬の飼い方を伝える

(ワークショップ型イベント)

パピーコース(生後6か月までの仔犬) 

・あなたの愛犬はどんなタイプ? 

・ペットショップで購入を勧めるサークル、トイレグッズなどは本当に必要?

・しつけ本を読んで実践しているが、上手くしつけができないのはどうして?

仔犬を迎えた時、どのようにして仔犬と生活すべきか?

犬の飼育初心者さんが悩むポイントについて紐解き、仔犬と楽しく暮らすきっかけ作りをお手伝いします

若犬コース(生後7か月以上3歳未満)

・犬の問題行動について

・私の飼育方法は合っている?犬と暮らす中で出てきた疑問を解決しましょう

・病気や疾患など、健康についての心配

今までの犬との向き合い方を見直し、犬という生き物を正しく知るきっかけとなるようなワークショップ型イベントです

成犬コース(保護犬を迎えた場合など)

成犬を家族に迎えた場合、犬がそれまで育ってきた環境が犬の行動に影響する場合が多々あります。

犬は置かれた環境に馴染もうとする生き物ですが、人が理想としている犬との暮らしを一方的に押し付けてしまうと、ストレスが溜まり問題行動へと発展してしまいますが、ほとんどの人はそれに気づきません。

まず、犬の気持ちを知る。

そして自分の気持ちの在り方、方向性を示すきっかけとなるセミナー型イベントです

一般社団法人ドッグケアコーディネーター協会 TEL 047-401-7066 11:00‐17:00  非営利団体

PAGETOP