これがまさかの「食物アレルギー」?

愛犬あくびに起きた添加物アレルギー・てんかんのことは書きましたが、今回は、健康的になってきてた、と思っていた頃に現れた食物アレルギーの話。

とその前に。SOSを知ろう!

6歳になった梅雨時期、あくびの行動が気になり始めました。あくびは趾間炎になりやすい犬です。趾間炎とは、足裏が痒くなり舐め壊して毛色も変わるほどになる症状です。マラセチアというのを聞いたことありますか? 梅雨時期と冬の間は毎年必ず趾間炎になってます。日々のケアで対応していますが、加齢とともに症状が起こる原因は多くなってきます。ですので、身体の中の状態を把握するという上でも、一番先に現れてくる症状を知っておくのは良いこととなります。今後も長く付き合っていく症状になると考えられるからです。

この現れやすい症状というのは、個体によって違ってきます。ふくるは、目と肛門に現れます。るちあは口臭が一番わかりやすいです。こういうふうに、その犬によって現れ方が違う愛犬たちからのSOSを飼い主が知っておくと、早期段階での対応が可能になってきます。

話が少しずれましたが、あくびの場合は、趾間炎というのがSOSの一つです。今の私には、その前段階の、毛の柔らかさとか匂いとかであくびの体調がわかるようになってきていますが。

食物アレルギーになる前のSOS

6歳になったその時期もやはり趾間炎が出てきて、その他に、鼠蹊部をハムハム噛むという仕草が時々見られるようになりました。その様子を数週間見ていましたが、なかなか治ることはなく、そのうちお腹の皮膚が普段よりもピンクになっていることに気づきました。あくびは以前はお腹に毛がなかったのですが、体質改善に成功してからはお腹に毛が生えてフサフサでした。その毛をかき分けてみると、プツプツと湿疹が出ており、どこまで広がっているのかを確認するためにも、思いきって炎症の部分の毛を刈りました。これがその写真です。

 

痒みはどんどん広がっていきました。季節的に梅雨時期は体調悪化しやすいため、免疫が下がってきていて自己治癒力がないからだろうと、それらをケアする生活をしましたが、症状は悪化する一方。

そのうち耳の中からは異臭がし、目ヤニも増え、オナラをするようになり、最終的には左目の周りが真っ赤に炎症を起こしました。以下の写真。

これはもしやアレルギー!?

目に症状が現れて初めて、もしかしてアレルギー症状が再発したか?と考えました。重度の添加物アレルギーがあるあくびには、私が手作りしたものしか与えていません。食材も厳選して与えていました。考えられたのは、これは大丈夫だと思っている食材が、作られている工程で添加物が含まれていたのかもしれない、ということ。そこで工程のわからないものを全て取り除いて、ごはんを作りました。が、3週間試してもよくならず、悪化するばかり。

次に考えたのは、なんらかの要因で、腸壁が破壊され、今まで大丈夫だった食材がアレルギー源となったのでは?ということ。

大丈夫だった食材を一つ一つ特定していくのには、かなりの時間がかかります。が、薬で症状を抑えることはしたくなかったため、病院へは行かずに、ハーブでサポートしながら、時間をかけアレルゲンを探すことにしました。まず、一番最初に腸壁を破壊した原因探し。環境やストレスが要因になることもありますが、あくびの場合は、オートミールでした。

その後は、大好きなパンも食べられなくなり、そしてアレルゲンになりやすい動物性タンパク質の見直し。免疫力が落ちているため、大好きな森林公園の中の散歩もできない日々。アレルゲン特定は、あくびにとって好きなものをことごとく我慢することでした。

添加物アレルギーを発症した時よりは、私自身に知識があったため、それ以上の悪化を防ぎつつ生活することはできていました。ですが、この特定は本当に大変で、あくびの顔をみるたびに申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そんなある日、スタッフと話をしていて、彼女のある言葉が長いアレルゲン探しを終わらせるヒントとなりました。失敗したら、もっと悪化させてしまうかもしれない、という不安もありましたが、そこにかけてみるしか、もう他にいい考えが思い浮かばなかったのです。

その食材は、鶏肉。というより加熱。

向き合ううちに気づけたこと。

そうしてやっと半年かけた、アレルゲンの特定が終わりました。その後は日々健康的に戻っていくあくびを見ながら、あることに気づきました。

添加物アレルギーを発症して以来食べられなかったもの、正しくは食べさせていなかったものが食べられるようになったのです。これには本当に驚きました。あくびは乳製品が一切ダメでした。乳製品を食べさせると半日経たずに下痢になります。 添加物アレルギーを発症させた時の食材が、無添加チーズおやつです。 それが食べられるようになったのです。

アレルゲンとは一生そのコに食べさせられないものではありません。その時、そのコに食べさせるとアレルギー症状を発症させるものです。真に健康的な身体を取り戻した時は、そのアレルゲンはもはやアレルゲンではないかもしれないということです。 かも、ですよ。 医師ではないので断言はできません。

現在、あくびは乳製品を普通に食べています。ですが、免疫が下がった時にはやはり多少アレルギー症状が出てきます。

最後に

食物アレルギーで悩む方は意外と多くいると思います。療法食のみを一生食べていかなくてはならないのか?薬漬けの生活をしなくてはならないのか?自分には何もしてあげられないのだろうか。そんな葛藤で苦しんでいるかもしれません。

この私の体験が、悩んでいる人の背中を押せますように。愛犬の症状に向き合えるのは他の誰でもない、飼い主であるあなたです。そして、愛犬を守る一番の武器は、知識です。