悩み相談,  手作りごはん,  犬の生態,  症状

悩んだ時こそ

悩み事ができた時

先日、手作りごはんにすると「ドッグフードを食べなくなって困りませんか?」「災害時に同等レベルで作ってあげられますか?」「災害時のリスク回避方法をちゃんと提示して下さい」と、動物の資格をいくつか持ってらっしゃる方から質問されました。とてもいい質問なので、例としてあげさせていただきますね。

まず、この質問から読み取れることは、デメリットをあげて、そのデメリットを補う方法を考えないと行動できない、ということ。実は、意外と多いんですね。

手作りごはんにすると、ドッグフードを食べなくなる?

というのは本当でしょうか。そもそも、手作りごはんがドッグフードより良質だということを理解しているからこその疑問ではないでしょうか。ならば、食べなくなって困るなら、「なぜ」食べなくなるのかを考えてみませんか?

食べなくなる、理由は、犬自身が、手作りかドッグフードという形状に拘っているからではなく、その食べ物の栄養素そのものの「質」を本能で知っているから、手作りは食べて、ドッグフードは食べないという選択をしただけなのです。

ということは、手作りでもドッグフードでもきちんと自分の身体を作るための栄養素が取れれば、どちらでもかまわない、ということ。

これでドッグフードを食べなくなる疑問は解決できちゃいますよね。与えたドッグフードが愛犬にとって、不要なものだから。良質なドッグフードを選べばいい。というわけです。普段手作りを食べさせていても、災害時や自分が疲れた時にはドッグフードで代替えできるんです。

災害時の時のごはん

災害時に同等レベルで、というご質問の答えも、今言ったことと繋がってくることがわかりますか? 災害時という緊急事態を体験したことがないので、想像でしかお答えできませんが、手作りごはんの知識があると、例えドッグフードがない状態でも、愛犬に食べさせる食材を考えることができるはずです。同等レベル、というのが栄養バランスの面で、ということならば、それは、私たち人間も同じで、災害時にいつもと同じような食事は食べられないはず。それでもすぐにどうこうなるものではありませんよね。自分たちでさえ、満足に食事ができない環境でも愛犬には普段と同等レベルを求める、それは素晴らしい愛犬家、と言えるでしょうが、実際には、普段の生活で良質なものを食べている犬は、身体の基礎ができているので、災害時などの緊急事態に私たちと共に我慢を強いる環境においても耐えられる身体作りができている、と考えます。

ですので、お答えとしては、災害時に同等レベルで作ってあげられるかどうかはわかりません。ですが、災害時に私たちと共に我慢を強いる環境におかれても、耐えられるような身体作りと、少ない食材でいかに栄養が取れるような作り方を私たちが知識として持っていられるメリットはあります。

災害時のリスク回避方法としては、私たち自身の知識と、普段から手作りごはんと同等な良質なフードを準備しておくこと、になると思います。

デメリットは本当にデメリットじゃなかった!

ここまで読んでみて、どうですか? 手作りごはんに興味はあるけれど、まずデメリットばかり考えてしまって、そのデメリットをクリアにしたい、じゃなきゃ、自分には手作りごはんはできない、とご自身でデメリットを理由にして踏み出せずにいる自分を納得させている状態だったけれど、あれ?

そもそもそのデメリットは本当にデメリットだったんだろうか?ということに気づきませんか?

チャンスを逃さず行動しましょう

悩みができるということは、今現在、その悩みに対して葛藤しているからであり、そこに気づけたことで、良い方向に進むチャンスができた、ということなんです。

誰かに質問するだけでも、行動していることになります。 どんな行動をするかはあなたが決められます。 専門家はただ道を示しているだけなのです。 あなたが納得できる答えを提示してくれる方法で進んでみて下さいね。 

進んでみた先に、また疑問が出てくるのであれば、その時にまた選択しなおせばいいんです。踏み出しさえすれば、状況は変わってきます。

今、あなたのそばにいる愛犬は、あなたのことが大好きです。あなたが選択している全てを受け入れて共に生きています。そんな愛犬の笑顔を引き出せるのは、あなただけなんですよ。その視線に答えられる人でありたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です