悩み相談,  犬の生態,  犬語

伝え続ける、ということ。

みなさんはご愛犬との生活に、何一つ疑問はありませんか?

私は、これまで犬に向き合い、自分の犬たちだけではなく、たくさんの犬と関わらせていただいた8年間の中で、自身の犬へのコンタクトの取り方に満足したことはありません。

それはなぜか。

私の伝え方では、伝わらない犬がいるからです。

だからこそ面白い。

私は伝えることをやめようとは思いません。

伝わった時、とても嬉しくなるし、そしてそれは、犬が一つ楽になることだと知っているからです。

なんでそんなことするの?

・ごはんを食べるとき、皿に手を近づけると唸る。

・眠っているとき、触ろうとすると怒る。

・ブラッシングをすると、歯をあててくる。

・とにかくすぐに吠える。

・人のそばにいるとき、他犬が近づくと怒る。

・ゴミ箱をあさる。

ちょっとした事で、トレーナーなど専門家に頼むほどではない行動。

実はこれらの行動は、飼い主さんご自身がさせているのです。

もしかしたら、伝え続けているかもしれません。

犬はこんなもんだと思って、はなから伝えることをやめているかもしれません。

伝えても伝わらないから、自分が我慢すればいいという人もいるかもしれません。

そもそもそういう行動を起こす環境を変えればいい、と犬に合わせて環境を変えている人もいるでしょう。

犬は伝えれば理解する動物です。

今まで伝えることをしてこなかった方は、ぜひ、伝えようとする努力をしてください。でも、ここで、先ほど自分は伝え続けている、と思われた方。伝え続けてるのにまだ伝わっていないだけ・・・と同じアプローチをしていませんか? きっとその行動はだんだんエスカレートしていっていると思います。なぜなら、伝えていることは、逆の意味に捉えられているからです。

伝え方には、伝える方法とタイミングが大事です。それは、個々の犬によって違ってきます。

伝わらない方法をいつまでも続けないで、アプローチを変えて伝え続けていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です