他犬が自分に近づいてきて、自分の犬がヤキモチを妬くと喜ぶ飼い主さんをお見かけします。

それ・・・本当にヤキモチですか?

犬は人のそばにいると安心する動物です。だから近寄ってきます。もともと平和主義である犬は、健全な状態の場合、他犬が居ようともヤキモチは妬きません。

そもそも、このヤキモチという感情はどのような意味があるのでしょうか。ヤキモチとは、恋愛感情のある相手がいてこそ起こるもの。そうです、嫉妬、です。だとすると、人と犬で、恋愛感情が成り立つのは関係性に問題があるということ。

ヤキモチだと思いたい飼い主さんは、愛犬に対して、特別な自分だけの犬という所有欲が強くなっていることを示します。そして、自分と同じ感情を持ってくれている愛犬がいることを嬉しく思っているということ。

犬は人からの愛情を必要としています。トラウマなどで人が怖くなった犬でも、人を欲しています。そういう犬たちに健全な愛情を注いてあげてほしい。

愛犬があなたへの所有欲が強く、他犬へ威嚇したり攻撃的な行動をしてしまう場合、まず自分を見つめ直してみてください。自分の愛犬への愛情が健全であるかどうか。そして、正しい愛情を愛犬が満足するくらい与えてあげましょう。