排便が健康のバロメーターだということは皆さんご存知のことだと思いますが、実は、状態のいい便がどんなものなのかは正しく知らない方が多いです。

ほとんどの方は形や硬さにこだわります。下痢や軟便でなければヨシ、という風潮。ですが、本質は少し違います。

もっとも気にするべきところは匂い。便は臭いと思っている方は、その考えを変えてみましょう。身体の中から健康な犬の便は臭くないんです。

次に量。量が多いということは、それだけ老廃物が身体の中に多いということ。質の良いごはんを食べている犬の便量は少ないです。

それから便の形状や形になります。

そして、もう一つ重要なことは、便を排出する肛門。実はここが健康の目安にもなります。

愛犬の肛門腺を絞ることができますか?

肛門腺液が溜まっていると老廃物を溜め込みやすい身体になります。いわゆる太りやすい身体。そして、肛門の状態。肛門には毛が生えていないので、見やすいのですが、肛門は綺麗ですか? 肛門が凸凹したりプチプチ小さなニキビみたいなものはありませんか?健康な肛門は綺麗です。

肛門を清潔にしてあげることは大切なケアの一つです。